· 

愛犬家住宅ナビ

玄関横にあった階段下の収納スペースを上手に活用して、愛犬のプライベートスペースを確保しました。

元々は廊下に面していた収納スペースの開口部を閉じ、リビング側に開口部を変更することで、人のくつろぎ空間と愛犬のくつろぎスペースを同居させることに成功。

階段下のデッドスペースは高さが低くなり、あまり活用方法がありませんが、愛犬にとっては十分なスペースになり、プライベート空聞を提供することが出来ました。