· 

ドアの種類について~折れ戸~

新築、マイホーム、ドア、インテリア、株式会社ルシーダ、七福神ハウス

今回は室内ドアの『折れ戸』の特徴、メリット・デメリットについて紹介したいと思います。

 

■『折れ戸』の特徴

 

『折れ戸』はよくクローゼットなどの収納スペースに使われているタイプの物です。

蝶番に繋がれた2枚1組の扉を畳むことで、開け閉めができます。

また、折れ戸にも種類があり、『両折れ戸』と『中折れ戸』という物があります。

 

『両折れ戸』は、折れ戸が2枚並んでいて、中央から左右に畳むことで開閉するものです。

こちらはよく新築や賃貸で、クローゼット収納に使われていることが多いタイプです。

 

『中折れ戸』は、扉の一部が折れて、畳まれることで開閉するものです。

こちらは浴室などで見ることが多いのではないでしょうか。

開閉に必要なスペースが少ないので、通行の邪魔をしません。

 

■『折れ戸』のメリット

 

折れ戸は扉を畳むように開閉をするので、小さなお子様から高齢者まで、だれでも簡単に使えるのがメリットとして挙げられます。

年齢問わず使いやすく設置できるのは良いですね。

 

折れ戸は開き戸に比べ、開閉するスペースが半減するので、手前のスペースが狭い場合にはおすすめです。

引き戸を設置するスペースがなくても、折れ戸なら設置できる場合もあります。

 

扉を開けた時に、内部を大きく見渡すこともできるので、クローゼット収納に設置する場合は、どこに何がしまってあるか一目瞭然なので、物が見つけやすく便利です。

 

誰にでも簡単に扱えて、省スペースで済むのが折り戸の大きなメリットですね。

そのため、中を大きく見渡して物を見つけやすいようにクローゼットや、スペースが取りづらい浴室などに設置されることが多いです。

 

■『折れ戸』のデメリット

 

まずデメリットとしては、折れ戸の扉を畳んだ部分がデッドスペースになってしまうことが挙げられます。

そのため、クローゼットなどで扉の前に収納ケースを置こうとした場合、取り出しにくくなってしまうことなどがあります。

 

簡単に開閉でき便利な折り戸ですが、開閉の時に扉同士が接触するため、手を挟む事故が起きてしまう可能性もあります。

特に注意すべきことは、小さなお子様が勢いよく扉を開けてしまい、手や指を挟む可能性もあるので、開閉の際にはよく確認してから行いましょう。

 

また、折りたたまれた部分は掃除がしにくいため、ほこりが溜まってしまう場合もあります。

 

以上がドアの種類と特徴、メリット・デメリットについての紹介でした。

ドアの種類によっても、内観はかなり変わりますし、快適に移動ができるかもかなり変わってくるので、どのタイプのドアにするか慎重に検討をしてみてください。