· 

屋根について~寄棟屋根~

新築、マイホーム、屋根、インテリア、株式会社ルシーダ、七福神ハウス

今回は『寄棟屋根(よせむねやね)』の特徴、メリット・デメリットについて紹介したいと思います。

 

■寄棟屋根とは?

 

『寄棟屋根(よせむねやね)』は、4つの屋根面が四方に広がっている形状の屋根のことです。

一番頂上部にある棟を大棟といい、傾斜のある棟は隅棟、もしくは下り棟と呼びます。

世界的に見られる一般的に見られる住宅屋根のひとつで、日本でも人気の高い屋根形状です。

 

■寄棟屋根のメリット

 

寄棟屋根は落ち着いた雰囲気を出すことができ、重圧感と安定感があるのが魅力です。

そのため、和風建築に昔から用いられることが多いのですが、デザインによっては現代的な印象にもなるので、和風・洋風のどちらにもよく使われています。

 

屋根の造り上、4方向に屋根の面があるため、外壁の部分的な劣化が発生しにくく、耐久性が高いです。

また、切妻屋根のような2方向の屋根の面よりも、寄棟屋根のような4方向に屋根の面が分散しているほうが、雨風や雪などの影響も分散されます。

そのため、どの方向からの風に対しても受け流すことができたり、雨が降っても1つの屋根面や雨どいに流れる雨量も少なくなったり、屋根から落ちる雪の量も分散してくてます。

 

寄棟屋根は建物の4方向に屋根が向いているので、建物を建てる際の制限が少なく、方向を選ばず建てることができます。

切妻屋根などは妻部分に屋根がないなどの理由から建てる方向にも制限がでてきます。

ですが、寄棟屋根は屋根と外観のバランスが均等なので方向の制限が少なくなります。

 

■寄棟屋根のデメリット

 

まずデメリットとして挙げられるのが、コストが高くなってしまうことです。

切妻屋根などと比べると複雑な形状であるため、部材も多くなり工期も長くなってしまいます。

そのため、材料費や人件費などがかかってしまう傾向があります。

 

また部材の多さから、建築コストだけではなくメンテナンスコストもかかる場合もあります。

しかし、建物全体の耐久性を考えるとトータルコストがかからないというケースもあるため、あえて寄棟屋根を選ぶ方もいます。

 

寄棟屋根の形状は、太陽光パネルが設置しにくいという点もあります。

4方向に屋根面があるので、日差しが当たりやすい南側に設置できるというメリットはありますが、面積が小さく4面のうち2面が三角形のため、設置できる太陽光パネルの数が制限されてしまいます。

 

屋根裏にあまり大きなスペースを確保できないため、屋根裏収納を作りたいという方にはあまり向いていない形状かもしれません。

また、屋根裏の換気がしにくい形状なので、通気性を確保して結露の発生などを防ぐ対策が必要になります。

 

以上が『寄棟屋根』の紹介でした。

次回は『片流れ屋根』について紹介したいと思います。