· 

外壁材について~漆喰~

新築、マイホーム、外壁、インテリア、株式会社ルシーダ、七福神ハウス

今回は外壁材の『漆喰(しっくい)』の特徴、メリット・デメリットについて紹介したいと思います。

 

■『漆喰(しっくい)』とは?

 

『漆喰』は世界的建造物の壁に多く使われており、姫路城の白壁、倉敷の土蔵の白壁、沖縄の赤い瓦屋根の白い縁取りなどが漆喰でできています。

 

消石灰にスサ(麻や藁、和紙などを原料とした、短い繊維状の材料)を加えて練り混ぜた塗装材料です。

大昔から使用されている日本の伝統的な塗料です。

漆喰にも『本漆喰』や『土佐漆喰』など、成分や特徴によって複数の種類に分かれます。

 

■『漆喰』のメリット

 

まず外観のメリットですが、パターンや着色によって洋風から和風まで多様なデザインが可能です。

左官職人が手で作り上げていくので、手作業ならではの味わいを出すこともできます。

重圧感がある見た目になり、こだわりのあるオンリーワンの外観が実現できます。

静電気を溜めにくい性質もあるので、表面にホコリを寄せつけず、時間を経ても当初の風合いを保ちます。

 

機能性の面では、調湿作用があるため、カビ・ダニの発生を抑制する効果が期待されます。

漆喰の作りの特性として、目では見えないほどの細かな穴がたくさん空いており、この多孔質な表面が湿気をコントロールしてくれるためです。

 

漆喰の材料である消石灰が強アルカリ性であるため、殺菌効果が高く臭いの元になるカビや細菌を分解してくれるため、消臭効果もあります。

生活臭やペット臭の軽減につながるので、においが気になる方には良いかもしれませんね。

 

『ホルムアルデヒド』のようなシックハウス症候群を起こすと考えられる『揮発性有機化合物』を吸収・分解する性質もあり、近年の研究ではインフルエンザウイルスを死滅させる作用を発揮することも報告されています。

 

また漆喰は固まると石灰岩になるため、燃えにくくなり防火性も高く、火が燃え移ったとしても有毒なガスを排出せず、燃え残るほどの耐久性を持っています。

 

■『漆喰』のデメリット

 

デメリットですが、ひっかき傷がつきやすいため、家具や自転車などで傷をつけてしまうと、そのまま残ってしまい、自然に消えることはありません。

傷を直すために補修のメンテナンスが必要になります。

 

漆喰は白色であることがほとんどなので、汚れが目立ちやすくなってしまいます。

特に土埃や砂などの汚れは付きやすいため、黒やグレー、土色の汚れが目立ちやすいです。

 

施工できる左官職人も少ないため、職人探しが大変になることと、メンテナンスの場合は職人が見つからず、希望の施工タイミングにできない可能性もあります。

また、漆喰の施工は何度も手塗りで塗り重ねて乾燥させるため、施工費用も高くなり工期も長くなってしまいます。

 

以上が『漆喰』の紹介でした。

これで外壁シリーズは終わりになります。

長々と読んでいただきありがとうございました!