· 

外壁材について~タイル~

新築、マイホーム、外壁、インテリア、株式会社ルシーダ、七福神ハウス

今回は外壁材の『タイル』の特徴、メリット・デメリットについて紹介したいと思います。

 

■『タイル』とは?

 

まず『タイル』とは、粘土や石材などを細かく砕き、高温で焼き固めて形成したものです。

外壁以外にも床材や内装、浴室などで見る機会が多いと思います。

 

高級感や重圧感があり、家全体を美しく仕上げることができます。

クラシックスタイルから輸入系によく見られる南欧スタイルなど、存在感のある外観を演出しやすいです。

 

■『タイル』のメリット

 

まずメリットとして挙げられるのが、耐傷性があるため外部からの衝撃による傷が付きにくいです。

タイルの素材自体が非常に強固であるため、外部からの傷に非常に強い特性を持っています。

実際に釘で摩ったり掻いたりしても傷が付かないほど強く、他の外壁材に比べて頭一つ抜きんできるほどです。

 

耐久性が高いため、メンテナンス頻度も少なく済み、メンテナンス工事も手軽なので費用も安いです。

他の外壁材と比べると、ランニングコストが抑えられる外壁材と言えます。

 

対候性があるため、天候による劣化や色褪せがしにくいです。

紫外線による変色・雨や風による経年変化・風化による劣化も、そう簡単にはしません。

 

耐水性もあり、タイルの種類によっては吸水率が1%を下回っているため、ひび割れや、冬場の凍結による外壁破壊の被害の心配もほとんどありません。

また梅雨の季節の長期的な雨の影響や、急な台風や暴風の影響なども、ほとんど受けることもありません。

そのため寒冷地区や、雨が良く降る地域に最も適していると言えるでしょう。

 

そしてデザイン性も高く、本物のタイルならではの質感や立体感があります。

サイディングでもタイル柄の物がありますが、やはり本物には勝てません。

最近はタイルのバリエーションも豊富になり、和風・洋風・モダンなど様々なテイストに対応が可能です。

外見にとことんこだわりたい方には、向いている外壁材と言えます。

 

『タイル』は機能性もデザイン性もかなり高いですね。

 

■『タイル』のデメリット

 

『タイル』のデメリットは、まず初期費用が高いです。

それぞれの商品によって値段は変わってしまいますが、一般的なサイディングの2倍以上かかると考えておいたほうが良いでしょう。

性能は高く、良いとこづくしなのですが導入をする際には注意が必要です。

 

サイディングなどに比べると施工の難易度が高いため、経験の浅い職人がすると、タイルが浮いたり歪みがでたりなど、施工不良の原因になることもあります。

あとで修理が必要にならないよう、業者選びが大切になってきます。

 

以上が『タイル』の紹介でした。

次回は『レンガ』について紹介したいと思います。