· 

床材について~クッションフロア~

新築、マイホーム、床材、インテリア、株式会社ルシーダ、七福神ハウス

今回は床材の『クッションフロア』の特徴、メリット・デメリットについての紹介です。

 

■クッションフロアの特徴

 

『クッションフロア』とは、塩化ビニール素材で作られた厚さ1.8mm~3.5mmのシート状の柔らかい床材です。

施工性を良くするために、ほとんどのメーカーが表面に人体の影響がないガラス材を施しています。

水や油に強いので洗面上やトイレの水回り、キッチン、ペットのいる部屋や小さなお子様の部屋にも最適です。

最近ではリビングでも使えるようなおしゃれなタイル風のものや、リアルな木目調などもあり、フローリングと区別がしづらいものもあります。

 

■クッションフロアのメリット

 

まずメリットとして挙げられるのが、耐水性がありメンテナンスがしやすい点です。

上記でもお話した通り、素材が水や油に強いので、多少の汚れや水濡れなら水拭きで簡単に拭き取れます。

 

素材が薄くて柔らかいシート状のものなので、ハサミやカッターナイフなどで切ることができ、張り付ける際にも床材用の両面テープを使うことで、簡単に施工ができることも魅力の1つです。

床材を傷つけずに取り外すこともできるため、DIYにも用いることができます。

この施工性の高さから、リフォームにも最適な床材といえます。

 

デザインやカラーバリエーションも豊富にそろっており、タイル調のものや木目調、チェック柄や無地などがあるため、お部屋のイメージを変えたい方には楽しめること間違いなしです。

 

また価格も他の床材に比べ安価であり、たいていの商品は1m以上から10cm単位で購入が可能なので、自分の部屋に合うサイズで購入でき、敷きやすいです。

 

■クッションフロアのデメリット

 

クッションフロアはその名前の通りクッション性があることと、ビニールでできているため、家具や重い物を長く置いた場合、痕が残りやすいというデメリットがあります。

痕が残らないよう、家具との間に布を敷くと良いでしょう。

 

熱に弱いので、紫外線により剥がれてしまったり、劣化してしまったり、色移りしてしまうこともあります。

ですので、日差しが強い部屋には不向きと言えるでしょう。

たばこや熱湯をこぼしてしまうと溶けてしまうので、そちらも注意が必要です。

 

また、クッションフロアの作りとして表面はビニール、下は接着剤や下地合板であるため、劣化により剥がれやすくなるばかりではなく、通気性もよくありません。

こまめに手入れを行わないと、床下が湿気でカビになってしまうこともあります。

 

以上が『クッションフロア』についての紹介でした。