· 

床材について~フローリング材の種類~

新築、マイホーム、床材、インテリア、株式会社ルシーダ、七福神ハウス

今回は『フローリング材』で用いられる主な木の種類についてのお話です。

木の種類によって見た目がかなり異なるため、自分の思い描いたお家づくりに合う種類を選びましょう。

 

まず、木は大きく分けると『広葉樹』と『針葉樹』の2種類があります。

まずは『広葉樹』から紹介したいと思います。

 

■広葉樹

 

複合フローリングの表面で使用されるのは、基本的に広葉樹の木材です。

広葉樹は針葉樹に比べて硬く、伸縮・膨張がしにくく、傷もつきにくいです。

 

・ウォールナット

『ウォールナット』はクルミ科の広葉樹です。

黒に近いこげ茶をしており、落ち着いた深みのある色味が魅力で、重圧感があります。

使いこむとだんだん明るい赤茶色に変化していくため、経年の変化も楽しめる素材です。

 

・ブラックチェリー

『ブラックチェリー』はバラ科サクラ属の樹木です。

キメが細かいため肌触りが良く、高級感もあります。

こちらも使い込むことでだんだんと色味が増していき、濃く深いレッドブラウン色になります。

 

・メープル

『メープル』はカエデ科の広葉樹です。

広葉樹の中でも特に硬くて丈夫で、摩擦や衝撃にも強いです。

きめ細かく白っぽくさわやかな色なので、シンプル・ナチュラルなお部屋にマッチするでしょう。

 

・チェスナット

『チェスナット』はブナ科の樹木です。

硬く、湿気に強いため耐腐食性が高く耐久性に優れており、建物の土台や柱、鉄道の枕木などにも採用されます。

はっきりとしたうねりのある木目が印象的です。

 

・チーク

『チーク』はクマツヅラ科の広葉樹です。

硬く強度があり、耐久性と耐水性が高い素材です。

深みのある色合いと優秀な耐久力などにより、チーク材を愛する人方も多いようです。

時が経ってくると、木肌が美しいあめ色に変化します。

 

・オーク(ナラ)

『オーク』はブナ科の樹木で、日本では『楢(なら)』と呼ばれています。

日本のフローリング材で主流になっている木材です。

とても硬質でありながら弾力も持ち合わせており、さらに耐水性・耐久性にも優れています。

 

・タモ(アッシュ)

『タモ』はモクセイ科の広葉樹です。

見た目はオークとそっくりですが、タモの方が明瞭な木目があります。

加工しやすく硬く弾性があるため、野球のバットなどの運動具にも用いられます。

塗装との相性が良く、着色すると木目がより美しく引き立ちます。

 

・バーチ(カバザクラ)

『バーチ』はカバノキ科の樹木です。

本来は桜とは別物ですが、ほんのりとピンクがかかった淡い色調であることから『カバザクラ』とも呼ばれています。

木肌は綿密でなめらかで、強度があるためメンテナンス加工もしやすいです。

木目は比較的薄く、バラつき・ゆがみが少ないです。

 

・ローズウッド

『ローズウッド』はマメ科の樹木で『紫檀(したん)』とも呼ばれています。

腐りにくく、家具・仏壇にも利用されており、希少性が高いため高級木材として扱われてきました。

重圧感のある濃い紫・赤紫のしま模様があります。

 

■針葉樹

 

針葉樹は主に無垢フローリング材に使用され、広葉樹に比べ柔らかいです。

傷は付きやすいですが、修復がしやすく肌触りも良いです。

 

・パイン(松)

『パイン』はマツ科の針葉樹です。

柔らかい肌触りが抜群に良いため、裸足でも過ごしやすいです。

全体的に白く明るい材質の中に、節が多く並びます。

可愛らしい雰囲気の部屋にしたい場合に適しています。

年月が経つと、深いあめ色に変化するのも魅力的です。

 

・ヒノキ

『ヒノキ』は古来から日本に馴染みの深い針葉樹です。

湿気に強く、耐水性・耐腐食性に優れています。

リラックス効果がある独特の香りや、美しい木目も人々から愛されてきました。

害虫対策もしやすいので、メリットがたくさんあります。

 

以上が主な木材の種類でした!