· 

『リフォーム』と『リノベーション』の違いって?

リフォーム、リノベーション、マイホーム、間取り、株式会社ルシーダ、七福神ハウス

家に関する情報を集める際によく『リノベーション』というワードを目にしませんか?

『リフォーム』と意味が似たような言葉だけど、実際にはどういう意味かというのが分かっていない方も多いと思います。

今日は『リノベーション』の紹介と、『リフォーム』と『リノベーション』の違い、『リノベーション』のメリット、デメリットについて解説したいと思います。

 

■『リノベーション』とは?

 

『リノベーション』とは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり、付加価値を与えることを意味します。

 

たとえば、

・家族との対話の時間を増やしたいから独立型キッチンから対面型キッチンへ間取りを変更する

・仕切り壁をなくし、広々したリビングをつくる

・結露やカビが発生するのを抑えたいため、通気性壁紙に変える

 

など、『リノベーション』といっても様々なやり方がありますが、共通して言えるのは『住む人の暮らしに合わせて間取りや機能を刷新し、価値を向上する』ことです。

 

■『リフォーム』と『リノベーション』の違い

 

『リフォーム』と『リノベーション』、実はこの2つは明確な定義がありません。

どちらの言葉で表現しても間違いではないのですが、住まいに手を加えるときの意図や目的で使い分けられています。

 

『リフォーム』は時間が経ちボロボロになった部分を修復する、老朽化したスペースを改修するなど、汚れて古びた内装を新築の状態に戻すことです。

シンプルに一言で言えば『元に戻す』です。

 

それに対し『リノベーション』は上記でも紹介している通り、住む人の暮らしに合わせて間取りや内装、配管を『つくり替える』ことです。

 

■『リノベーション』のメリット・デメリット

 

まずメリットとして挙げられるのは、今どきの間取りにしたり、最新の設備を入れたりすることができる点です。

たとえばDK(ダイニングキッチン)だった間取りをLDK(リビングダイニングキッチン)にしてリビングのスペースをゆったり確保したり、

掃除がしやすいトイレ、ユニットバスに替えて手間を省くなど、住みやすいお家にすることができます。

 

壁紙をおしゃれなものに替えたり、床材を素足で歩けるように無垢フローリングを張り、ナチュラルなスタイルにしたりなど、デザインを変えて自分好みのインテリアにすることも可能です。

 

また、資産価値が向上することもあります。

築年数が経過した物件では、リノベーションによって住みやすい間取りやデザイン性の高い住まいに改変すると、同程度の築年数でリフォームした物件よりも、売りやすく貸しやすくなります。

ただし、どの物件でも必ずしも資産価値が上がるとは限りません。立地条件や管理条件などの見極めが重要です。

 

デメリットとしては、中古物件の工事の場合は築年数によっては耐震工事が必要になることが多くなってしまうでしょう。

耐震工事が加わることにより、費用が上がり引き渡しまでの期間も長くなってしまいます。

 

また、間取りやデザインを好きに変えられるのがメリットでしたが、逆に個性的なリノベーションをすると売りにくいという点も挙げられます。

将来住み替えることを視野に入れているのであれば、あまり個性的なリノベーションはしないほうがいいかもしれません。

 

以上が『リフォーム』『リノベーション』についての紹介でした。