· 

住宅工法について~木造ラーメン工法~

新築、マイホーム、住宅工法、株式会社ルシーダ、七福神ハウス

今回は住宅工法の『木造ラーメン工法』の特徴、メリット・デメリットの紹介です。

 

まず『木造ラーメン工法』の特徴ですが、『ラーメン』はドイツ語で『枠』を意味し、基礎の上に垂直に柱を立てて、水平に梁を張ることで建物を支えるシンプルな工法です。

イメージとしては教室や家のリビングなどにある4足の椅子に似ています。

椅子に体重をかけても問題がないのと同じように、柱や梁の接点をしっかりとつなぎ強靭な『枠』をつくることで変形をとどめ、建物を支えています。

 

もともとは鉄筋コンクリート構造など大型施設などで採用されていた工法でしたが、近年の地震への関心が高まってきたことと、木造でも実現できるようになり戸建住宅でも採用されるようになってきました。

 

次に『木造ラーメン工法』のメリットですが、枠部分をしっかり組むことで荷量に耐える力が強くなり、壁や柱を少なくすることができるため、大空間を作ることができたり、3階建てにもしやすいです。

鉄筋造りでしかできなかったことが木造住宅でも可能になります。

 

『木造枠組壁工法(ツーバイフォー工法)』は壁で支える工法だったので、間取りの自由度が低かったですが、『木造ラーメン工法』では支えるための壁は必要ないため、間取りの自由度が高かったり、大きな窓が設置できたりします。

将来大きなリフォームが必要になった場合やリノベーションをなども比較的容易にすることができます。

 

一方でデメリットとしては、柱と梁の接合部に力が加わりやすいので、地震などで横揺れが生じた場合に一定以上の力が加わると損傷してしまう可能性があるという点が挙げられます。

震災レベルの地震には耐えることができません。

 

また、ラーメン構造は壁も薄くすることが可能なため、隣の部屋の物音がよく聞こえることが多くなります。

鉄筋コンクリート造りであっても、ラーメン構造だと同じことが起きます。

 

『木造軸組工法(在来工法)』や『木造枠組壁工法(ツーバイフォー工法)』よりも浸透していないため、どこの施工会社でも対応できるわけではないので、会社選びが難しくなるかもしれません。

金額的には他の木造の工法よりも価格が高めになる傾向があります。

プランニングによっては鉄筋コンクリート造りなどと比べるとお値打ちになるケースが多いですが、木材ラーメン工法を考える際には、何社か声をかけて検討することをおすすめします。

 

以上が『木造ラーメン工法』の紹介でした。

次回は『木造軸組パネル工法』について紹介したいと思います。