· 

玄関の向きについて

玄関、向き、新築、間取り、株式会社ルシーダ、七福神ハウス

家を建てる際に玄関の方角をどこにしようか悩む方も多いのではないでしょうか。

『玄関は家の顔』ともいわれるほど重要な部分です。

また玄関の位置によって部屋の配置や、庭などの位置も変わってきます。

ですので、ある程度特徴やメリット・デメリットを理解したうえで決める必要があります。

今日は玄関の各方角のメリット・デメリットを紹介したいと思います。

 

■南向き玄関

 

南向きの玄関は日当たりがよく暖かいというメリットが挙げられます。

冬の寒い時期にはとても快適な向きだと言えます。

また、風水的に吉相となっていることもあり『華やかさが身に付く』『華やかになれる玄関』とも言われています。

しかし逆に夏はとても暑く、ドアノブがとても熱くなってしまうので開けるのも一苦労してしまいます。

また、日差しにより玄関ドアが劣化しやすくなってしまうので、直射日光が当たりづらくなるよう、玄関ポーチを工夫する必要があります。

 

■西向き玄関

 

西向きの玄関を設置した場合、LDKを南側に設置しやすくなるため、日中の日当たりが良くなり過ごしやすくなります。

また南向き玄関より直射日光が入る量を制限しやすいので、部屋の床や家具などを傷める心配は少なくなります。

デメリットとして、西玄関は『お金が出ていく玄関』と言われており、風水的にはあまりよくないです。

南向きとはまた違い、西日だけが強くあたるのでこちらの方角も玄関ドアが劣化しやすくなります。

 

■東向き玄関

 

東向き玄関のメリットは、南側に置くことが多い庭やリビングのプライバシーを守りやすいという点です。

また南玄関と同じく風水的によく、仕事運や対人運に効果があり『発展をもたらす』という意味があります。

デメリットとしては朝の陽ざしがまぶしい、ということです。

朝日を浴びることにより気持ちよく起きることができますが、生活が夜型の方にとっては少しつらいかもしれません。

 

■北向き玄関

 

北向き玄関のメリットは、日当たりが方角の中で1番良くないですが、夏場は日陰になるので涼しく快適に過ごすことができます。

また日当たりのよい場所をLDKなどの居室にしやすくなるので、家の中で気持ちよく過ごすことができます。

夏は快適に過ごしやすいですが、逆に冬はとても冷えみます。

また雪が降りやすい地域では、雪が溶けやすいというデメリットもあるので雪かきなどが大変になってしまう恐れがあります。

 

それぞれの方角のメリット・デメリットを踏まえつつ、家族が快適に暮らせる間取りにしていきたいですね。

また、風水的な意味合いもありますので、気になる方はそちらも調べてみるのも良いかもしれません。