愛犬との暮らしの家づくり

愛犬の足腰にダメージを与える床

栃木で注文住宅などマイホームを建てるなら経済的なローコスト住宅会社の七福神ハウスにおまかせください。平屋、2階建てなど家づくりのこと、住宅ローンの相談のことも七福神ハウスにおまかせください。また、愛犬と暮らす、愛犬家のために家づくりをおこなっています。

住まいの床が愛犬の足腰に負担を与え、重大な疾患を招いてしまうこともあります。愛犬が暮らせる住まいにするためにはどんなことに気をつければいいのでしょうか。

 

 滑りやすい床は危ない

愛犬家が不安や心配を感じている疾患のひとつが関節疾患です。多くは遺伝性のものですが、生活習慣や環境が要因となり発症することもあります。

 

その大きな原因のひとつにあげられるのが肥満。そして、住まいが原因となって発症してしまうこともあります。

 

住まいの中で犬の関節にダメージを与えているのがフローリングなどの滑りやすい床です。滑って転んだことがきっかけで関節疾患を引き起こすケースもかなりあります。

 

階段や段差も注意が必要

また、階段や段差の上り下りも注意が必要です。犬の足腰にダメージがあるのは、急激で大きな力によるものだけでなく、反復される動作によって徐々に負担が蓄積していく場合もあります。

 

増えている足腰の疾患

近年、小型犬や中型犬には膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)、大型犬には股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)が増えています。

 

椎間板(ついかんばん)ヘルニアも怖い疾患。最悪の場合は死に至る危険性があります。これも原因の多くは関節疾患と同じです。

 

愛犬が安心して暮らせるように、住まいの床の滑りや段差はできる限り解消したいものですね。

完全予約制

受付時間午前10時~午後17時

TEL 0282-25-6418